目高(読み)メダカ

デジタル大辞泉の解説

め‐だか【目高】

[名・形動]
ダツ目メダカ科の淡水魚。平野部の小川や池沼、水田にすみ、群泳する。全長3、4センチ。体は細長くて側扁し、目が大きく、しりびれは雄のほうが雌より大きい。体色は淡暗褐色で、背を黒褐色のすじが走る。本州以南に分布し、地方名が非常に多い。変種のヒメダカやシロメダカは観賞用に飼育される。 夏》「石菖(せきしゃう)を揃ひて潜る―かな/風生
物を見る目がすぐれていること。目が高いこと。また、そのさまや、その人。
「さすがはそなた―なり」〈・曲三味線・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めだか【目高】

メダカ目の淡水魚。全長3~4センチメートル。日本産淡水魚では最小。体は細長く目が大きい。体色は背面が黒褐色で、腹面は白い。後頭部から背中線にかけて暗褐色の縦線が走る。突然変異によって生じた淡い黄赤色のヒメダカ、白色のシロメダカは観賞用や実験に用いる。北海道を除く各地とアジア大陸東部・台湾に分布。地方における名称が非常に多い。アビラコ。コメンジャコ。タバヤ。ミザッコ。メンパチ。 [季] 夏。
名 ・形動
見抜く力や見分ける力がすぐれていること。目がきくこと。また、そのさま。そのような人をもいう。 手褒めながらわしも-ぢや/浮世草子・禁短気 -な女房打ちうなづいて/浄瑠璃・夏祭
[句項目] 目高も魚の内

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐だか【目高】

〘名〙
① (形動) 物を見る目がすぐれていること。鑑識力があること。また、そのさま。
※俳諧・望一千句(1649)六「御盃くみ舞の一曲 目たかなる人の月見にいざなはれ」
② ダツ目メダカ科の淡水魚。全長三センチメートル外で、日本産淡水魚のうち最も小さい。目が体の割には大きい。体色は背方が淡褐色で腹方は淡い。雄は背びれに切れこみがあるなどの点で雌と形態がやや異なる。本州から沖縄、朝鮮半島、中国中・南部、台湾に分布。池・沼・小川などにすむ。飼育変種としてヒメダカ・シロメダカなどがあり、観賞用や遺伝学の実験用にされる。ウキタ、ハリメダカそのほか、地方名の非常に多いことで知られる。《季・夏》 〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目高の関連情報