コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目高 メダカ

2件 の用語解説(目高の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

め‐だか【目高】

[名・形動]
ダツ目メダカ科の淡水魚。平野部の小川や池沼、水田にすみ、群泳する。全長3、4センチ。体は細長くて側扁し、目が大きく、しりびれは雄のほうが雌より大きい。体色は淡暗褐色で、背を黒褐色のすじが走る。本州以南に分布し、地方名が非常に多い。変種のヒメダカやシロメダカは観賞用に飼育される。 夏》「石菖(せきしゃう)を揃ひて潜る―かな/風生
物を見る目がすぐれていること。目が高いこと。また、そのさまや、その人。
「さすがはそなた―なり」〈浮・曲三味線・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めだか【目高】

( 名 )
メダカ目の淡水魚。全長3~4センチメートル。日本産淡水魚では最小。体は細長く目が大きい。体色は背面が黒褐色で、腹面は白い。後頭部から背中線にかけて暗褐色の縦線が走る。突然変異によって生じた淡い黄赤色のヒメダカ、白色のシロメダカは観賞用や実験に用いる。北海道を除く各地とアジア大陸東部・台湾に分布。地方における名称が非常に多い。アビラコ。コメンジャコ。タバヤ。ミザッコ。メンパチ。 [季] 夏。
( 名 ・形動 )
見抜く力や見分ける力がすぐれていること。目がきくこと。また、そのさま。そのような人をもいう。 「手褒めながらわしも-ぢや/浮世草子・禁短気」 「 -な女房打ちうなづいて/浄瑠璃・夏祭」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目高の関連キーワードソウギョフナ駄津テラピアエソックス枝角チチブメダカ(目高)メダカ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目高の関連情報