コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直仁親王(3) なおひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直仁親王(3) なおひとしんのう

1704-1753 江戸時代中期,東山天皇の第6皇子。
宝永元年9月9日生まれ。母は新崇賢門院。閑院宮(かんいんのみや)家の祖。嫡子以外の皇子女出家の慣例を廃し,親王家をたてるべきとする新井白石(はくせき)の建議などにより,宝永7年親王家創立。享保(きょうほう)3年閑院宮と宮号がさだめられ,親王となる。宝暦3年6月2日死去。50歳。幼称は秀宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

直仁親王(3)の関連キーワード宝永大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家平田靫負