親王家(読み)シンノウケ

大辞林 第三版の解説

しんのうけ【親王家】

〔古く「しんのうげ」か〕
中世以後、親王の称号を許された皇族の家筋。江戸時代には、伏見宮・桂宮・有栖川宮ありすがわのみや・閑院宮の四家があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんのう‐け シンワウ‥【親王家】

〘名〙 (古くは「しんのうげ」とも)
① 親王、また親王となる家柄。
※三代格‐一七・延暦二三年(804)九月二三日「其首並具注其官品其親王家其官位姓名家
② 中世以降、代々天皇の養子という形で親王を称し天皇に継嗣がない時、その中から次帝を立てることになっていた特定の宮家。常磐井・木寺・伏見・桂・有栖川・閑院・山階の七宮家がこうした世襲親王家として興されたが、江戸時代には、伏見・桂・有栖川・閑院の四親王家に限られた。
※議奏日次案‐宝永七年(1710)八月一一日(古事類苑・帝王二四)「東山院若宮〈秀宮〉親王家可御取立之由被仰出之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親王家の関連情報