コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親王家 シンノウケ

大辞林 第三版の解説

しんのうけ【親王家】

〔古く「しんのうげ」か〕
中世以後、親王の称号を許された皇族の家筋。江戸時代には、伏見宮・桂宮・有栖川宮ありすがわのみや・閑院宮の四家があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

親王家の関連キーワードコンデ親王ルイ[2世]ブルゴーニュ(公家)直仁親王(3)新撰万葉集梁園・梁苑閑院宮家文屋朝康世襲親王コンデ家有栖川宮家仁親王文屋康秀諸大夫知家事紀友則下仕え仕え所かつら執事桂宮

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親王家の関連情報