直指人心見性成仏(読み)じきしにんしんけんしょうじょうぶつ

  • じきしにんしんけんしょうじょうぶつ ヂキシニンシンケンシャウジャウブツ
  • じきしにんしんけんしょうじょうぶつ〔ヂキシニンシンケンシヤウジヤウブツ〕

大辞林 第三版の解説

禅宗の特色を簡潔に示した語。教説や修行によることなく、座禅によってただちに自分の心の本性を見極め、悟りを開いて仏と成ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。経文などによらないで、坐禅により心の本性を見きわめ、人の心と仏とは本来同一物であることを悟って成道すること。主に禅宗でいう。直指人心。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「一心上乗なるゆえに、直指人心見性成仏なりといふ」 〔碧巖録‐一則〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android