直指人心見性成仏(読み)じきしにんしんけんしょうじょうぶつ

精選版 日本国語大辞典「直指人心見性成仏」の解説

じきしにんしん‐けんしょうじょうぶつ ヂキシニンシンケンシャウジャウブツ【直指人心見性成仏】

〘名〙 仏語経文などによらないで、坐禅により心の本性を見きわめ、人の心と仏とは本来同一物であることを悟って成道すること。主に禅宗でいう。直指人心。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「一心上乗なるゆえに、直指人心見性成仏なりといふ」 〔碧巖録‐一則〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「直指人心見性成仏」の解説

直指人心見性成仏
じきしにんしんけんしょうじょうぶつ

禅宗用真理自己の心の外にあるのではなく,自己の心のなかにこそ発見される,真理であるその自己の本性をみるならば,仏となることができる,という

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「直指人心見性成仏」の解説

じきしにんしん‐けんしょうじょうぶつ〔ヂキシニンシンケンシヤウジヤウブツ〕【直指人心見性成仏】

仏語。人間が生まれながら持っている仏性を直接に体得せよ、ということ。禅宗の悟道を示す語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android