直指人心見性成仏(読み)じきしにんしんけんしょうじょうぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直指人心見性成仏
じきしにんしんけんしょうじょうぶつ

禅宗用語。真理自己の心の外にあるのではなく,自己の心のなかにこそ発見される,真理であるその自己の本性をみるならば,仏となることができる,という意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じきしにんしん‐けんしょうじょうぶつ〔ヂキシニンシンケンシヤウジヤウブツ〕【直指人心見性成仏】

仏語。人間が生まれながら持っている仏性を直接に体得せよ、ということ。禅宗悟道を示す語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきしにんしんけんしょうじょうぶつ【直指人心見性成仏】

禅宗の特色を簡潔に示した語。教説や修行によることなく、座禅によってただちに自分の心の本性を見極め、悟りを開いて仏と成ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる