直系・傍系(読み)ちょっけいぼうけい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直系・傍系
ちょっけいぼうけい

祖父・親・子・孫と父祖から子孫へまっすぐつながる関係を直系という。これに対して、兄弟・いとこ同士のように共同の始祖を通じてつながる関係を傍系という。直系・傍系の関係にある者をそれぞれ直系親・傍系親という。また、直系・傍系という語は、直系(傍系)血族、直系(傍系)姻族、直系(傍系)尊属、直系(傍系)卑属などとして用いられる。これらのうち直系血族は自然血族のなかでもっとも基本的な関係であり、民法上、扶養義務(877条)、相続(887条・889条)、近親婚の禁止(734条)などの点で傍系よりも強い法律上の効果が認められている。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android