直納(読み)じきのう

精選版 日本国語大辞典 「直納」の意味・読み・例文・類語

じき‐のう ヂキナフ【直納】

〘名〙
① 他を経ないで直接納めること。〔文明本節用集(室町中)〕
中世、荘園農民が地頭を経ないで直接に荘園領主年貢を納めること。直納米。→直務(じきむ)
東寺百合文書‐京・元仁二年(1225)四月二日・関東下知状案「停止承宣新儀之直納、如元家行・重綱等、可其沙汰之状」

ちょく‐のう ‥ナフ【直納】

〘名〙 直接納めること。特に、取次店などを通さずに、直接品物を納入すること。じきのう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「直納」の意味・読み・例文・類語

じき‐のう〔ヂキナフ〕【直納】

[名](スル)租税・年貢その他、納めるべき金品を、人手を経ずに直接納めること。

ちょく‐のう〔‐ナフ〕【直納】

[名](スル)仲介者を経ることなく直接品物を納入すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android