コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直務 じきむ

百科事典マイペディアの解説

直務【じきむ】

中世,荘園領主が直接荘園を支配し年貢を徴収すること。鎌倉中期以降武士の荘園侵略によって下地管理・年貢収納が困難になり,守護請(しゅごうけ)・地頭請(じとううけ)が一般となる。
→関連項目荒川荘菅原荘垂水荘新見荘日根荘政基公旅引付

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきむ【直務】

中世における荘園支配上の用語。荘園領主が守護・地頭・荘官等の荘園支配・管理等の諸権限を排除し,荘務権を握って直接荘園を支配し,年貢を徴収すること。鎌倉中期以降,荘園は在地領主による侵害,地頭請などによって下地(したじ)管理・農民支配・年貢収納はしだいに困難になっていたが,その打開策のひとつとして荘園領主直属の上使や代官を派遣したり,地下(じげ)の番頭を登用して荘務権の奪回・回復につとめたりした。これを一般に直務支配と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直務
じきむ

中世末期に荘園領主が行った荘務(年貢・公事(くじ)の収納、検注(けんちゅう)・勧農(かんのう)・検断(けんだん)等の荘園管理)権の直接執行のこと。権門(けんもん)寺社などの中世の荘園領主はその荘務を、在地の荘官・地頭・代官に任せたり、請け負わせるのが一般的であった(地頭請、守護請、代官請)。しかし、13世紀末以降、荘民らの村落結合の成長や、荘官地頭らによる請所(うけしょ)・下地中分(したじちゅうぶん)が進行し、年貢・公事の未進・減納が続き、地頭や荘官らとの間に相論(そうろん)が頻発するようになると、畿内(きない)やその周辺地域では、幕府や朝廷の力を借りて、権門寺社が改めてその荘務権の直接掌握に乗り出すことがあった。その形態には、(1)荘園領主自身が現地に下向し、文字どおり直接荘務を行う(和泉国(いずみのくに)日根荘(ひねのしょう))、(2)荘民らの強い要求によって守護方の請負代官を排除し、領家(りょうけ)方の直務代官が在地支配を行う(備中国(びっちゅうのくに)新見荘(にいみのしょう))、(3)下司(げし)・地頭らを排除して領家の直務とし、所務代官を募って所務(年貢の収納)を行わせる(摂津国垂水荘(たるみのしょう))などがある。以上の3形態は相互に移行するが、(3)が一般的である。しかしこうした形態は、一部を除けば永続せず、大名領国制のなかに吸収された。[島田次郎]
『稲垣泰彦編『荘園の世界』(1973・東京大学出版会) ▽田沼睦著「室町期荘園研究の一、二の視点」(和歌森太郎先生還暦記念論文集編集委員会編『古代・中世の社会と民俗文化』所収・1976・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

直務の関連キーワード目銭(もくせん)指出(差出)四万十(市)山城国一揆九条政基二条尹房安富智安三昧聖本所領家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android