コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直轄事業負担金 ちょっかつじぎょうふたんきん

2件 の用語解説(直轄事業負担金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直轄事業負担金
ちょっかつじぎょうふたんきん

本来地方公共団体が行うべき事業を国が直轄事業として行う場合の地方公共団体の負担金。国が直接行う公共事業を直轄事業と呼び,そのなかには国の行政事務として配分される事業もあるが,団体委任事務機関委任事務として地方公共団体に委任されている建設事業や災害復旧事業があり,これらのなかで事業が大規模であったり,事業区域が2府県以上にわたるなど,国が担当することが適切な場合に直轄事業として行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

直轄事業負担金

国が直接手がける国道や河川、港湾、空港などの事業に関し、地元自治体も「利益を受ける」として費用の一部を負担する制度。負担割合は道路法や河川法など個別の法律で定められており、地方負担は原則として建設・改修で3分の1、維持・修繕・管理で45%となっている。ただ、負担金の使途はこれまでほとんど明らかにされておらず、国は今回、「負担金制度廃止」を掲げる全国知事会の求めに応じる形で初めて明細を都道府県に開示した。

(2009-06-11 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直轄事業負担金の関連キーワード直撃手料理描版国管理空港手掛ける直轄国道公益法人と独立行政法人国直轄事業負担金協和コンサルタンツ直接手綱 (direct rein)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直轄事業負担金の関連情報