コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道路法 どうろほう

4件 の用語解説(道路法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道路法
どうろほう

昭和 27年法律 180号。道路網整備のため道路に関する各種の事項を定めて,交通の発達への寄与と公共の福祉増進を目的とする法律。旧道路法に代り制定された公道に関する基本法。都市計画法による道路 (街路) ,森林法による林道,土地改良法による農業用道路 (農道) など法律に基づくものと,一般私道を除く一般交通の用に供する道路について路線の指定,道路の管理,道路に関する費用,監督などを規定する (1条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どうろ‐ほう〔ダウロハフ〕【道路法】

道路に関する基本法。道路網の整備を図るため、高速自動車国道一般国道都道府県道市町村道について、路線の指定および認定、管理・保全、費用の負担区分などに関する事項を定めている。昭和27年(1952)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

道路法【どうろほう】

道路網の整備を目的とする法律(1952年)。高速自動車国道,一般国道,都道府県道および市町村道の別を定め,路線の指定および認定,管理,構造,保全,費用の負担区分,監督等に関する事項を規定。
→関連項目国道道路道路標識

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

どうろほう【道路法】

道路整備に関する基本法。現行法は1952年(昭和27)制定。高速自動車国道・一般国道・都道府県道・市町村道の路線の指定、管理・費用・監督などについて規定する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の道路法の言及

【国道】より

…道路のうち国の営造物であるものをいう。日本では〈道路法〉の規定により,高速自動車国道と一般国道の2種類がある。(1)高速自動車国道 自動車の高速交通の用に供する道路で,全国的な自動車交通網の枢要部を構成し,かつ政治,経済,文化上とくに重要な地域を連絡するもの,その他国の利害に重大な関係を有するもので,政令によって路線が指定される(例,中央自動車道)。…

【道路】より

…ドイツではヒトラーが政権につくや,高速道路(アウトバーン)建設計画を発表し,42年までに3859kmを完成させた。第2次大戦後の東西分割によって西ドイツには2110kmが残されたが,連邦長距離道路法,鉱油税等の一部を特定財源化した交通財政法などに基づいてその整備が進み,高速道路は7500kmにまで達して,戦後の西ドイツ経済の成長を支えた。 アメリカでは1920年のパークウェー,37年のペンシルベニア・ターンパイクの着工を皮切りに,有料道路建設時代にはいった。…

※「道路法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

道路法の関連キーワード傷害保険オーバーヘッドアプローチ経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈傷害特約ヘロディアヌス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道路法の関連情報