コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港湾法 こうわんほう

2件 の用語解説(港湾法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

港湾法
こうわんほう

昭和 25年法律 218号。港湾の秩序ある整備と適正な運営をはかるとともに,航路を開発し,および保全することを目的とする法律。港湾計画,港湾局,港湾管理者としての地方公共団体,港湾区域および臨港地区港湾工事の費用,開発保全航路などを定める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

港湾法
こうわんほう

交通の発達および国土の適正な利用と均衡ある発展に資するために、港湾の秩序ある整備と適正な運営を図るとともに、航路を開発し、保全することを目的とした法律。昭和25年法律第218号。港湾管理者である港務局等の設立、その業務・組織・財務などのほか、港湾計画、港湾区域内の工事等の許可、臨港地区の指定、港湾工事の費用、開発保全航路など、港湾の開発・利用および管理の方法などについて定める。港湾管理の見地から、その重要性を判断して、港湾業務を行う水域(港湾区域)が定められている。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の港湾法の言及

【港湾】より

…これらの語に代わって新たに港湾ということばがつくられ用いられるようになったのは明治になってからである。厳密にいえば,港湾とは港湾法の適用を受けるもののみを指し,漁港法の適用を受ける漁港とは区別されている。港湾という語句はいわば法的な用語であるが,慣用的には港湾と漁港を併せて港(みなと)と呼ぶことが多く,したがって港湾は港の概念に含まれているといえる。…

※「港湾法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

港湾法の関連キーワード法廷等の秩序維持に関する法律公序法廷秩序維持法規律アルダー遷移相互保険組合森林組合加入者面積公の秩序《神の秩序》《出生,死亡,増殖による人類の変化を通じて示された神の秩序》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

港湾法の関連情報