コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互浸透 そうごしんとうinterpenetration

翻訳|interpenetration

知恵蔵の解説

相互浸透

人間の諸活動が国境を超えて行われ、国家の閉鎖性が相互に失われていくこと。軍事的には核兵器などで、相互に全面的な攻撃を短時間で行いうる。経済的には貿易や投資、特に電子的な資本移動が大量・瞬時になされ、文化面でもテレビなど、電波による情報伝達が国境を超える。半面、国境を超えた環境破壊、犯罪組織の結合感染症蔓延(まんえん)なども拡大している。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

相互浸透の関連キーワードリンケージ・ポリティックス自然弁証法(マルクス主義)タテマエとホンネボーダーレス自治体外交生態人類学シェリングロッシャー自然弁証法グルスキーベルクソンリンケージアイマラ圧力団体アミエル行政組織中ロ関係相互依存足利織物島うた

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相互浸透の関連情報