コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良頼俊 さがら よりとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良頼俊 さがら-よりとし

?-? 鎌倉時代の武将。
寛元4年(1246)父長頼(ながより)から肥後(熊本県)人吉荘内の所領をゆずられ,建長3年豊前(ぶぜん)上毛郡(福岡県)成恒名(なりつねみょう)の地頭となる。文永弘安(こうあん)の役にくわわった。通称は六郎。法名は迎蓮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相良頼俊

没年:正応3?(1290)
生年:生年不詳
鎌倉時代の領主。幼名六郎,法名迎蓮。人吉荘初代地頭長頼の子。寛元4(1246)年父の遺領を相続,荘内佐牟田の屋敷に土着,蒙古合戦にも参戦した。

(工藤敬一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

相良頼俊の関連キーワード相良長氏没年

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android