相良頼俊(読み)さがら よりとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良頼俊 さがら-よりとし

?-? 鎌倉時代の武将。
寛元4年(1246)父長頼(ながより)から肥後(熊本県)人吉荘内の所領をゆずられ,建長3年豊前(ぶぜん)上毛郡(福岡県)成恒名(なりつねみょう)の地頭となる。文永弘安(こうあん)の役にくわわった。通称は六郎。法名は迎蓮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相良頼俊

没年:正応3?(1290)
生年:生年不詳
鎌倉時代の領主。幼名六郎,法名迎蓮。人吉荘初代地頭長頼の子。寛元4(1246)年父の遺領を相続,荘内佐牟田の屋敷に土着,蒙古合戦にも参戦した。

(工藤敬一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android