コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬誠胤 そうま ともたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬誠胤 そうま-ともたね

1852-1892 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)5年8月5日生まれ。相馬充胤(みつたね)の子。慶応元年陸奥(むつ)中村藩(福島県)藩主相馬家13代となる。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越列藩同盟にくわわり新政府軍とたたかうが,大勢をみきわめて降伏。廃藩後,旧家臣の帰農をたすけた。子爵。明治25年2月22日死去。41歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の相馬誠胤の言及

【相馬事件】より

…奥州の旧相馬藩主相馬誠胤(ともたね)(1852‐92∥嘉永5‐明治25)をめぐって1883年から10年以上も世間をさわがせた事件で,これが契機となり,精神衛生法の前身にあたる精神病者監護法(1900)が制定された。誠胤は14歳で家督を相続したが,24歳のころから精神変調の兆候を示し,居室に監禁される。…

※「相馬誠胤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相馬誠胤の関連キーワード相馬事件

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android