帰農(読み)きのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰農
きのう

日本に典型的にみられる現象で,賃労働者化によって都市部に流出した農山村住民が,不況などの影響を受けて再び山村に戻り,農業に従事すること。かつてこれが日本において顕著であったのは,家父長制のもとで過剰人口となった二男,三男が家族主義的なつながりを残したまま口減らし的に離農することが多かったこと,また小規模農家にあっては家計を補助する目的で一時的に離農をする,いわゆる出稼ぎ農民となった者が多かったことなどによるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐のう【帰農】

[名](スル)
離村して農業をやめていた者が農業に戻ること。
都会での生活をやめて地方に行き、農業を始めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのう【帰農】

( 名 ) スル
農業をやめていた者が、再び農業に従事すること。
農業に従事すること。また、都会での職をやめて故郷に帰ること。 「職を辞して-する」 「御一新の時遠州金谷へ-して/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐のう【帰農】

〘名〙
① 離村して都市へ流入した農民をその村へ帰住させ、または生業を失った武士や町人を助成して農耕に従わせること。帰田(きでん)。また、一般に都市での職務を辞して故郷に帰ること。
※財政経済史料‐九・戸口・武家・文久二年(1862)九月「所役人并身寄之者どもへ引渡帰農為致」
② 一般に、農村に戻って農業をいとなむこと。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉プリンストン雑記「前大統領クリーブランドが帰農(キノウ)して閑居してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android