コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中能島派 なかのしまは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中能島派
なかのしまは

山田流箏曲の一派の芸系。山田検校門下の小名木松操検校の門から出た中能島松声検校 (1838~94) を祖とし,現在までに6世を数える。1世中能島は明治箏曲界の長老として活躍,特に山田流に富本節を結合させた。作品に『七福神』『伏見』『松風』 (3世山木との合作) ,『万歳』『雨夜の月』などがある。2世は門下の村上正雄 (?~1892) が芸養子となって中能島松雄 (しょうゆう) を名のったが,1世より早く没し,長男の尺八家中能島孝太郎 (1878~1922) の妻となった内弟子の中能島喜久 (1873~1914) が,実質的な継承者となったが3世を称さなかった。3世は喜久に師事した佐野千里 (ちさと。 1893~1928) が継ぎ,中能島松仙と名のったが,その弟の佐野均 (ひとし。 1897~1948) は3世山登松和を継いでいる。3世の没後,喜久の子の中能島欣一が4世,欣一夫人の慶子 (1912~88) が5世を継ぎ,現在は欣一の長女弘子 (1934~  ) が6世を継承している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかのしまは【中能島派】

山田流箏曲の一派。家元としての芸姓は5代を数える。初代中能島(1838‐94)は,信州岩村田藩藩医中島昌庵の第3子として江戸に生まれる。幼名園太郎。失明後,小名木(おなぎ)検校松操一に入門,松勢一と名のる。1852年(嘉永5)検校に登官,中能島を姓とし,のちに松声と号する。明治箏曲界の長老として活躍,訓盲啞院(東京盲学校)の教官もつとめた。平曲もよくし,清元お葉富本豊前太夫などとも交遊,富本との掛合《七福神》や,富本色の強い《伏見》などのほか,《雨夜の月》《松風》《松の寿》など名作を作曲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone