コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看羊録 かんようろく

世界大百科事典 第2版の解説

かんようろく【看羊録】

朝鮮,李朝の文臣姜沆(きようこう)が,日本の内情秘密裏に本国政府に報告した文集。1598年豊臣秀吉の朝鮮出兵時に捕虜となり,京都伏見に幽閉されていた彼は,京都相国寺の藤原惺窩との対話や,京都方広寺の耳塚のことなどを記録にとどめ,当時の日本を知るうえで興味ある内容が多い。1600年帰国した姜沆はみずから罪人としてこの文集を《巾車(きんしや)録》と題したが,門人が漢の蘇武節義になぞらえて《看羊録》と名付け後世に伝えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android