真巌道空(読み)しんがん どうくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真巌道空 しんがん-どうくう

1374-1449 室町時代の僧。
応安7=文中3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。はじめ密教をまなぶ。のち近江(おうみ)(滋賀県)に洞寿院を創建した如仲天誾(じょちゅう-てんぎん)の印可をうけ,同院の住持となる。晩年は養浩庵に退隠。宝徳元年8月15日死去。76歳。河内(かわち)(大阪府)出身。号は牧渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android