コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真柄直澄 まがら なおずみ

1件 の用語解説(真柄直澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真柄直澄 まがら-なおずみ

?-1570 戦国-織豊時代の武将。
真柄直元(なおもと)の弟。朝倉義景(よしかげ)の家臣。大力でつねに大太刀をふるって活躍。元亀(げんき)元年6月姉川の戦いで徳川方の向坂式部(さぎさか-しきぶ)に討たれた。通称は十郎左衛門,十郎三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真柄直澄の関連キーワード石山戦争元亀坂井政尚トルレス利府城森可成長島一揆浜松城津山城伊東マンショ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone