コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真流 しんりゅう

1件 の用語解説(真流の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真流 しんりゅう

1711-? 江戸時代中期の僧。
正徳(しょうとく)元年生まれ。天台宗比叡山(ひえいざん)横川(よかわ)禅定院の智濤(ちとう)にまなび,禅定院,安楽院の住持となる。小乗律と大乗戒の兼学を説く安楽律派に反対し,大乗戒(円頓戒)の復興につとめる。安永元年(1772)兼学律復興の命がくだり,退隠した。伊勢(いせ)(三重県)出身。字(あざな)は円耳。著作に「顕戒論闡幽記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真流の関連キーワード正徳有坂閑斎柴倉対馬詮茂林重房古市宗也(4代)古山師胤松野親信無一坊海円村田朴水

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真流の関連情報