コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真澄鏡/十寸鏡 マスカガミ

4件 の用語解説(真澄鏡/十寸鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ます‐かがみ【真澄鏡/寸鏡】

まそかがみ」に同じ。
「ゆく年の惜しくもあるかな―見る影さへに暮れぬと思へば」〈古今・冬〉

まそ‐かがみ【真澄鏡/真十鏡】

《「まそ」は「ますみ」の音変化、または、ととのっているものの意という》
[名]鏡をほめていう語。立派な鏡、また、よく澄んだ鏡。
「―手に取り持ちて朝(あさ)な朝(さ)な見れども君は飽くこともなし」〈・二五〇二〉
[枕]鏡のありさま・働きや置き場所などいろいろな意でかかる。
「見る」にかかる。
「―見ぬ日時なくあらましものを」〈・四二二一〉
「懸く」にかかる。
「―かけて偲(しぬ)へとまつり出す」〈・三七六五〉
「床(とこ)」にかかる。
「―床の辺(へ)去らず」〈・二五〇一〉
「磨(と)ぐ」にかかる。
「―磨ぎし心を許してば」〈・六七三〉
「清し」にかかる。
「―清き月夜(つくよ)に」〈・一五〇七〉
「照る」にかかる。
「―照れる月夜(つくよ)も闇のみに見つ」〈・二八一一〉
「面影」にかかる。
「―面影去らず」〈・二六三四〉
鏡に蓋(ふた)があるところから、「ふた」にかかる。
「―二上山(ふたがみやま)に」〈・四一九二〉

まそみ‐かがみ【真澄鏡】

ますみのかがみ」に同じ。
「たらちねの母が形見と我が持てる―に」〈・三三一四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まそみかがみ【真澄鏡】

ますみのかがみ(真澄鏡) 」に同じ。 「我が持てる-に/万葉集 3314

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真澄鏡/十寸鏡の関連キーワードなます坐さふ坐さうず在そがりこっちゃざますたあ意固地おましま・すさしま・す

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone