真澄鏡/十寸鏡(読み)マスカガミ

デジタル大辞泉の解説

ます‐かがみ【真澄鏡/寸鏡】

まそかがみ」に同じ。
「ゆく年の惜しくもあるかな―見る影さへに暮れぬと思へば」〈古今・冬〉

まそ‐かがみ【真澄鏡/真十鏡】

《「まそ」は「ますみ」の音変化、または、ととのっているものの意という》
[名]鏡をほめていう語。立派な鏡、また、よく澄んだ鏡。
「―手に取り持ちて朝(あさ)な朝(さ)な見れども君は飽くこともなし」〈・二五〇二〉
[枕]鏡のありさま・働きや置き場所などいろいろな意でかかる。
「見る」にかかる。
「―見ぬ日時なくあらましものを」〈・四二二一〉
「懸く」にかかる。
「―かけて偲(しぬ)へとまつり出す」〈・三七六五〉
「床(とこ)」にかかる。
「―床の辺(へ)去らず」〈・二五〇一〉
「磨(と)ぐ」にかかる。
「―磨ぎし心を許してば」〈・六七三〉
「清し」にかかる。
「―清き月夜(つくよ)に」〈・一五〇七〉
「照る」にかかる。
「―照れる月夜(つくよ)も闇のみに見つ」〈・二八一一〉
「面影」にかかる。
「―面影去らず」〈・二六三四〉
鏡に蓋(ふた)があるところから、「ふた」にかかる。
「―二上山(ふたがみやま)に」〈・四一九二〉

まそみ‐かがみ【真澄鏡】

ますみのかがみ」に同じ。
「たらちねの母が形見と我が持てる―に」〈・三三一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android