真理の福音(読み)しんりのふくいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「真理の福音」の解説

真理の福音
しんりのふくいん

偽福音書の1つ。 1946年エジプトで発見された「ナグ・ハマディ文書」の1つとしてに出たが,すでにエイレナイオスによってウァレンチヌス派文書として言及されていた。発見されたパピルス文書コプト語で書かれ,神を真に知り,人を救いに導く認識をイエスがもたらしたことを説く。成立は2世紀のなかば,最初はギリシア語で書かれたと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android