コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真迢 しんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真迢 しんちょう

1596-1659 江戸時代前期の僧。
慶長元年生まれ。日蓮宗帰依(きえ)して日迢(にっちょう)と号したが,のち天台宗に転じる。天海にまねかれ東叡(とうえい)山の幹事となるが,比叡山にもどり,近江(おうみ)(滋賀県)西教寺で念仏をひろめた。万治(まんじ)2年11月2日死去。64歳。京都出身。俗姓斎部(いんべ)。号は舜統院。著作に「西谷名目鈔」「破邪顕正記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真迢の関連キーワード天文学史(年表)浅井了意ホイヘンス慶長の大地震浅井了意山脇和泉真超伊曽保物語徐光啓瑞龍寺(富山県)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android