眺望景観資産(読み)ちょうぼうけいかんしさん

事典 日本の地域遺産の解説

眺望景観資産

「眺望景観資産」とは、地域を代表するような良好な眺めを将来に引き継いでいくために、その眺めを山形県民共通の資産として、山形県景観条例に基づいて県が指定するもの。指定することができるものは、建造物、樹木、田畑、山、河川、海岸、市街地又は集落を形成している区域、市街地内又は集落内の道路及びその沿道の建築物など。現在3件が指定されている。
[選定機関] 山形県
[選定時期] 2010(平成22)年~
[登録・認定名] 創造の森からの庄内平野の眺め | 下小松古墳群からの米沢盆地の眺め | ふれあい展望台からの山形市街地とそれをとりまく山々の眺め

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android