眼神経(読み)がんしんけい(英語表記)ophthalmic nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼神経
がんしんけい
ophthalmic nerve

三叉神経の第1枝。眼窩の内容およびその周囲の皮膚などの感覚を司る。三叉神経節から出て,海綿静脈洞の外側に沿って前方へ進み,小テントに分布するテント枝を出したあと,上眼窩裂から眼窩へ入り,涙腺神経,前頭神経,鼻毛様体神経に分れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐しんけい【眼神経】

〘名〙 三叉神経を構成する知覚根の三叉神経節で最前方の一枝。眼球、上眼瞼結膜、涙腺などをつかさどる。
※原爆と作家の自殺(1951)〈佐々木基一〉「眼の中に飛びこんで眼神経を緊張させたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の眼神経の言及

【三叉神経】より

…橋に向かうほうの突起は全体として太い1本の神経幹にまとまっているが,末梢のほうへ向かう突起は,三叉神経節の近くでは,大きく3本の神経にまとまっている。すなわち,頭顔部の頭のほうや眼の周囲に向かう眼神経(三叉神経第1枝),上顎のあたりに向かう上顎神経(三叉神経第2枝),下顎部に向かう下顎神経(三叉神経第3枝)の3本であり,太い1本の神経幹が三叉神経節よりも末梢の部では3本に分かれてみえるところから〈三叉〉神経とよばれるわけである。もちろん,3本の主枝もそれぞれ多数の末梢枝が集まって形成されている。…

【鼻】より

…ウサギなど嗅覚の発達した動物では,ヒトでいう上鼻甲介と中鼻甲介の大部分が嗅上皮でおおわれている(上述したようにヒトでは,嗅上皮でおおわれているのは嗅裂の上方の約1/3のみである)。鼻腔の感覚神経(痛み,温度を感ずる神経)は三叉(さんさ)神経の分枝である眼神経と上顎神経とによる。このほかに上顎洞後壁の後ろにある翼口蓋窩に位置する翼口蓋神経節を介して交感神経と副交感神経とが分布する。…

※「眼神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android