瞻仰(読み)センギョウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【×瞻仰】

[名](スル)あおぎ見ること。見上げること。また、敬い慕うこと。せんごう。「世人のみな瞻仰するところである」

せん‐ごう〔‐ガウ〕【×瞻仰】

[名](スル)せんぎょう(瞻仰)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ぎょう ‥ギャウ【瞻仰】

〘名〙
※現実暴露の悲哀(1908)〈長谷川天渓〉二「現在の世界を背にして、ただ理想界のみを瞻すれば」 〔詩経‐大雅・雲漢
※真理一斑(1884)〈植村正久〉五「吾人は此の天の明命なる良心を以て見解を立るの根拠とし其の光明を藉りて宇宙人生の事実を照さば上帝の聖徳を瞻仰するを得べし」
普門院さん(1949)〈井伏鱒二〉「小栗は今や、万人から瞻仰(センギャウ)されるやうになった」 〔晉書‐賈疋伝〕

せん‐ごう ‥ガウ【瞻仰】

〘名〙 (「ごう」は「仰」の慣用音)
① あおぎみること。見上げること。せんぎょう。
※文華秀麗集(818)中・扈従梵釈寺〈淳和天皇〉「瞻仰尊容纏網尽、還疑自入鷲峯中」 〔法華経‐方便品〕
② あおぎ尊ぶこと。敬い慕うこと。せんぎょう。
※新古今(1205)釈教・一九六七・詞書「大衆法を聞きて彌(いよいよ)歓喜瞻仰せん」 〔勝鬘経‐摂受章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android