コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淳和天皇 じゅんなてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淳和天皇
じゅんなてんのう

[生]延暦5 (786). 京都
[没]承和7 (840).5.8. 京都
第53代の天皇(在位 823~833)。諱は大伴。日本根子天高譲彌遠(やまとねこあめたかゆずるいやとお)天皇。桓武天皇の第3皇子,母は藤原百川の娘,贈皇太后旅子。大同5(810)年9月薬子の変の直後の同月13日,嵯峨天皇皇太弟に立ち,弘仁14(823)年4月即位。天長1(824)年左右検非違使庁を設置し,同 3年上総国,常陸国,上野国の 3ヵ国を親王の任国に定めた。同 4年に『経国集』,同 7年に『新撰格式』,同 8年に『秘府略』,同 10年に『令義解』を撰進させ,同年嵯峨天皇の皇子正良親王(仁明天皇)に譲位。律令制度再建に努め,治水事業にも意を用い,漢学にも長じていた。陵墓は京都市西京区大原野南春日町の大原野西嶺上陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

淳和天皇【じゅんなてんのう】

平安初期の天皇。在位823年−833年。諱(いみな)は大伴。桓武天皇の第3皇子で,母は藤原旅子。810年異母兄の嵯峨天皇の皇太弟となり,823年即位。嵯峨上皇は譲位後も重きをなし,皇太子には同上皇の皇子正良親王(後の仁明天皇)が立った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淳和天皇 じゅんなてんのう

786-840 平安時代前期,第53代天皇。在位823-833。
延暦(えんりゃく)5年生まれ。桓武(かんむ)天皇の第3皇子。母は藤原旅子(たびこ)。平城(へいぜい)・嵯峨(さが)天皇の異母弟。嵯峨天皇の譲位をうけて即位。良吏をえらび,勘解由使(かげゆし)を復活させるなど,政治を刷新し,令(りょう)の解釈を統一する「令義解(ぎげ)」をつくる。詩文にすぐれ「凌雲集」「経国集」などに多数の作品がある。承和(じょうわ)7年5月8日死去。55歳。墓所は大原野西嶺上陵(おおはらののにしのみねのえのみささぎ)(京都市西京区)。別名は大伴親王,日本根子天高譲弥遠天皇(やまとねこあめたかゆずるいやとおのすめらみこと),西院帝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

淳和天皇

没年:承和7.5.8(840.6.11)
生年:延暦5(786)
平安前期の天皇。桓武天皇と藤原百川の娘松子の子。名は大伴。薬子の変(810)で廃太子された高岳親王(真如)に代わって皇太弟となり,弘仁14(823)年4月,兄嵯峨天皇の譲位により即位。大伴氏は即位の翌日,天皇の名(大伴)を避け伴氏と改めた。『経国集』(827)をはじめ,百科事典『秘府略』(831),『令義解』(833)といった詩文集や法典整備の編纂など文化政策に努めた。天長10(833)年2月,皇太弟時代の離宮南池院(西院とも)を整備した淳和院(京都市右京区西院淳和院町付近)に移って譲位,当初,上皇の称号と待遇を辞退したが,上皇がふたりとなったことから,嵯峨を先(前)太上天皇と呼ぶのに対して「後太上天皇」と称された。詩文を好み,作品は『凌雲集』『文華秀麗集』『経国集』に多数収める。空海の死去に際し高野山に送った弔書(『続日本後紀』所収)は哀切に満ちた文章として著名である。遺言に従って山陵は築かれず,遺骨は砕いて大原野山中に散布された。物集女(向日市)には火葬塚が伝存。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんなてんのう【淳和天皇】

786‐840(延暦5‐承和7)
第53代に数えられる天皇。在位823‐833年。桓武天皇と妃藤原旅子との間に生まれ,名を大伴という。異母兄の嵯峨天皇の譲位によって即位した。嵯峨上皇が大内裏に近い冷然院(冷泉院)にいて重きをなし,皇太子には嵯峨上皇の皇子正良親王(のちの仁明天皇)が立ったが,淳和天皇は謙譲・温厚な性格で,兄上皇との間は円満に終始し,その在位の天長年間は政治的にはいたって安定していた。この間の史実は正史《日本後紀》の散逸によって多く伝わらないが,滋野貞主による百科事典《秘府略》,清原夏野らによる養老令の注釈《令義解》などの大著の成立は,淳和朝の文化的成果として特筆すべきであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんなてんのう【淳和天皇】

786~840) 第五三代天皇(在位823~833)。名は大伴。西院の帝みかどともいう。桓武天皇の皇子。漢学にすぐれ、「令義解」「経国集」を編ませた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淳和天皇
じゅんなてんのう
(786―840)

第53代天皇(在位823~833)。桓武(かんむ)天皇第3皇子。母は式家百川(ももかわ)の娘藤原旅子(たびこ)。諱(いみな)は大伴(おおとも)。薬子(くすこ)の変(810)で皇太子高岳(たかおか)親王が廃されたので、嵯峨(さが)天皇の皇太弟となり、天皇の譲位を受け即位。公卿(くぎょう)らに意見を提出させ、地方官に従来より大きな職務権限をもたせ、一方で勘解由使(かげゆし)の再置、巡察使の派遣などによって地方官の監督を強化しようとした。また清原夏野(きよはらのなつの)らの側近を登用して政治を進め、勅旨田や親王任国を置いて皇室財政を強化した。そのほか、令(りょう)の公的注釈書『令義解(りょうのぎげ)』や詩文集『経国集(けいこくしゅう)』を撰(せん)し、譲位後は主として淳和院に住んだ。遺詔により遺骨を砕いて散じたといわれる。承和(じょうわ)7年5月8日没、陵墓は京都大原野西嶺上陵(京都市西京区)。[福井俊彦]
『藤木邦彦著『日本全史3 古代』(1959・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

淳和天皇の関連キーワード秘密曼荼羅十住心論高志内親王弥彦神社藤原緒嗣恒貞親王百済慶命藤原産子後西天皇大野真鷹橘嘉智子永原原姫福井俊彦西院の帝恒統親王菅原岑嗣吹田荘雲林院大覚寺神呪寺内裏式

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淳和天皇の関連情報