コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代 ヤシロ

デジタル大辞泉の解説

やしろ【矢代】

姓氏の一。
[補説]「矢代」姓の人物
矢代静一(やしろせいいち)
矢代幸雄(やしろゆきお)

や‐だい【矢代】

賭(か)け的(まと)の勝負などをするとき、各射手から1本ずつ矢を出させ、これを2本ずつ取って交差するように振り落とし、これで上矢・下矢の組を決めたこと。射手の矢を籤(くじ)代わりに使うもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やしろ【矢代】

姓氏の一。

やだい【矢代】

笠懸・犬追物などで、射手を二組に分けるのに、射手の矢をくじ代わりに用いること。各射手から矢を一本ずつ出させ、これを二本ずつ手に取り交差するようにふり落として上矢と下矢とを決めて組を編成する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

矢代の関連キーワード雪の断章 ようこシリーズ池辺 晋一郎ちびっこ聖者御園生尊子矢代村弥助矢代 寿弥生活と芸術藤崎代志子住吉仲皇子山岡 優子三瓶 十郎樽前山神社劇団NLT大和文華館新井[市]ルネサンス廣瀬 量平北爪 道夫単誉称瑞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢代の関連情報