コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代(読み)ヤシロ

デジタル大辞泉の解説

やしろ【矢代】

姓氏の一。
[補説]「矢代」姓の人物
矢代静一(やしろせいいち)
矢代幸雄(やしろゆきお)

や‐だい【矢代】

賭(か)け的(まと)の勝負などをするとき、各射手から1本ずつ矢を出させ、これを2本ずつ取って交差するように振り落とし、これで上矢・下矢の組を決めたこと。射手の矢を籤(くじ)代わりに使うもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やしろ【矢代】

姓氏の一。

やだい【矢代】

笠懸・犬追物などで、射手を二組に分けるのに、射手の矢をくじ代わりに用いること。各射手から矢を一本ずつ出させ、これを二本ずつ手に取り交差するようにふり落として上矢と下矢とを決めて組を編成する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢代の関連情報