コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代幸雄 やしろゆきお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢代幸雄
やしろゆきお

[生]1890.11.5. 横浜
[没]1975.5.25. 平塚
美術史家,美術評論家。東京帝国大学英文科卒業。東京美術学校教授として西洋美術史を担当,1921~25年欧米に留学。ハーバード大学講師,イギリス諸大学派遣教授,帝国美術院幹事,同付属美術研究所所長,文化財保護委員,大和文華館館長などを歴任。 62年日本芸術院会員,70年文化功労者。主著は,ロンドンで出版された『サンドロ・ボティチェリ』 Sandro Botticelli (1925) ,『日本美術特質』 (43) ,『東洋美術論考』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やしろ‐ゆきお〔‐ゆきを〕【矢代幸雄】

[1890~1975]美術史家・美術評論家。神奈川の生まれ。英文で発表したボッティチェリの研究で世界的な注目を集めた。東洋・日本美術の分野でも活躍。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

矢代幸雄【やしろゆきお】

美術史学者。横浜生れ。東大英文科卒業後美術評論に活躍。1921年渡欧してルネサンスを中心に西洋美術史を研究,ハーバード大学講師になったほか英国の諸大学で日本美術を講義するなど,東洋美術の海外紹介にも尽力

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢代幸雄 やしろ-ゆきお

1890-1975 大正-昭和時代の美術史家,美術評論家。
明治23年11月5日生まれ。大正10年ヨーロッパに留学。ボッティチェリ研究で注目をあびる。帰国後は美術研究所(現東京国立文化財研究所)の設立に参画,昭和11年所長。戦後は文化財保護委員,大和文華館初代館長などをつとめた。38年芸術院会員。45年文化功労者。昭和50年5月25日死去。84歳。神奈川県出身。東京帝大卒。著作に「日本美術の特質」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やしろゆきお【矢代幸雄】

1890‐1975(明治23‐昭和50)
美術史家。横浜市生れ。1921年渡欧し,ロンドン留学を経てフィレンツェベレンソンのもとで修業。師に学んだ様式批判的方法と世紀末的唯美主義の融合した立場から,日本人としてはほとんど唯一の英文美術史の大著《サンドロ・ボッティチェリ》(全3巻)を著す(ロンドン,1925,邦訳1977)。25年の帰国後は主として日本・東洋美術を対象とし,《日本美術の特質》(1943),《水墨画》(1969)などを著すとともに,欧文の論文や海外での講義を通じて,日本・東洋美術の海外への紹介につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やしろゆきお【矢代幸雄】

1890~1975) 美術史家。横浜生まれ。イタリアでベレンソンに師事。ボッティチェリの研究で世界的に有名。東洋・日本美術史にも業績を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

矢代幸雄の関連キーワード矢代秋雄昭和時代矢代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android