コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代静一 やしろせいいち

5件 の用語解説(矢代静一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢代静一
やしろせいいち

[生]1927.4.10. 東京
[没]1998.1.11. 東京
劇作家。幼少より映画・演劇に親しみ,早稲田大学仏文科在学中にモリエールを中心にフランス演劇へと関心を広げた。 1946年から俳優座,50年から文学座文芸部員。 J.ジロドゥ,J.アヌイの影響を受けた『城館 (しろ) 』 (1954) や,民話を素材とした『絵姿女房』 (55) で岸田国士に認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やしろ‐せいいち【矢代静一】

[1927~1998]劇作家。東京の生まれ。早大卒。文学座に入り、のち劇団NLT結成に参加。浮世絵師三部作「写楽考」「北斎漫画」「淫乱斎英泉」で芸術選奨。他の作品に「壁画」「夜明けに消えた」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢代静一 やしろ-せいいち

1927-1998 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和2年4月10日生まれ。昭和24年文学座にはいり「壁画」などで地位を確立。38年劇団NLT結成に参加し,のちフリー。聖書に材をえた「夜明けに消えた」など話題作を発表。「写楽考」(紀伊国屋演劇賞,読売文学賞),「北斎漫画」「淫乱斎英泉」の浮世絵師三部作で53年芸術選奨。平成10年1月11日死去。70歳。東京出身。早大卒。
【格言など】世の中で生きて暮らしてるものが,世間を気にしなくてどうする(「城館」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

やしろせいいち【矢代静一】

1927~1998) 劇作家。東京生まれ。早大卒。観念的な主題を、フランス演劇の機知に富み、都会的に洗練された感覚で描く。著「壁画」「写楽考」「北斎漫画」「淫乱斎英泉」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢代静一
やしろせいいち
(1927―1998)

劇作家。東京・銀座に生まれる。早稲田(わせだ)大学仏文科卒業。俳優座を経て文学座に入り、『城館(しろ)』(1954)、『絵姿女房』(1955)などで注目された。以後『象と簪(かんざし)』(1956)、『地図のない旅』(1961)、『黒の悲劇』(1962)、『宮城野』(1966)など多彩な作風を示し、「日本のアヌイ」ともよばれた。さらに、キリスト教入信の宣言ともいうべき『夜明けに消えた』(1968)、『写楽考』(1971。翌年読売文学賞受賞)を頂点とする「浮世絵師三部作」で作家的転生と成熟を明確にした。ほかに『妖(あや)かし』(1978)、『黄昏(たそがれ)のメルヘン』(1982)、『小林一茶』(1991)、『良寛異聞』(1997)など。評伝『旗手たちの青春』(1985)、『含羞の人』(1998)もある。[大島 勉]
『『矢代静一戯曲集』全2巻(1967・白水社) ▽『矢代静一戯曲集・夜明けに消えた』(1972・早川書房) ▽『矢代静一名作集』(1979・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢代静一の関連キーワード天田昭次安東仁兵衛奥田敬和川村勇白土吾夫田中勝宣夏目晴雄福田甲子雄古林尚正森成二

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢代静一の関連情報