矢口の渡(読み)やぐちのわたし

精選版 日本国語大辞典「矢口の渡」の解説

やぐち【矢口】 の 渡(わたし)

[一] 東京都大田区矢口にあった多摩川の渡し場。延文三年(一三五八)新田義興主従が足利氏の武将竹沢右京亮の詭計にかかって横死した地として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android