コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢口ノ渡 やぐちノわたし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢口ノ渡
やぐちノわたし

往古の多摩川の渡し場。現在の東京都大田区矢口から川崎市幸区古市場に渡る地点とされている。『延喜式』にも記載のある古い渡し場で,南北朝内乱時の古戦場としても有名。『神霊矢口渡』は往時戦乱に材を取る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

矢口ノ渡の関連キーワード討ち果たす・打ち果たす・討果たす・打果たすあくちも切れぬおちゃっぴい余所の見る目置きゃあがれ取り湯・取湯麴町の井戸麹町の井戸木の葉武者ちょびくさ稲城(市)幻妻・衒妻打ち遣る新田義興強盗頭巾気もない大名倹飩呼び次ぐ謀反勝負もじかわ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android