コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢沢頼尭 やざわ よりたか

2件 の用語解説(矢沢頼尭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢沢頼尭 やざわ-よりたか

1796-1841 江戸時代後期の武士。
寛政8年7月29日(寛政7年説もある)生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。のち藩主真田幸貫(さなだ-ゆきつら)の1字をもらい貫道と改名。文政9年家老となって幸貫をたすけ,兵制改革,殖産興業,財政再建など藩政改革にとりくんだ。また幸貫の老中就任にも力をつくした。天保(てんぽう)12年1月10日死去。46歳。通称は千十郎,のち監物。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

矢沢頼尭

没年:天保12.1.10(1841.2.1)
生年:寛政7(1795)
江戸後期の信州松代藩重臣。通称ははじめ千十郎,のち監物。諱は頼尭,のち藩主真田幸貫の1字をもらい貫道と改める。父は頼容。矢沢氏は藩主真田氏の一族で,その祖先真田頼幸が信州小県郡矢沢の城主であったことから矢沢を称している。無役席と称して代々真田家臣団のなかの最高身分として遇された。初め知行1200石。文政9(1826)年家老職を命ぜられ,同12年に御側役勝手掛となり藩財政の統轄の任に当たった。藩主真田幸貫の信任を得て,兵制改革,教育振興,殖産奨励,荒地開墾などの諸政策をおし進め,また幸貫の幕府老中就任問題でもその実現に貢献した。天保11(1840)年には天保飢饉に際して救恤の功ありとして200石加増。翌12年に江戸で病死した。<参考文献>太平喜間多編『松代町史』

(笠谷和比古)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢沢頼尭の関連キーワード大村光枝増山雪園真田菊貫日暮硯村上英俊奥平壱岐海沼義武古満源亀斎藤邦矩真田幸弘

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone