コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田部郷雲 やたべ・きょううん

朝日日本歴史人物事典の解説

矢田部郷雲

没年:安政4.11.30(1858.1.14)
生年:文政2(1819)
江戸後期の蘭学者。武蔵国勅使河原村(埼玉県児玉郡上里町)に農民の子として生まれた。伊豆韮山代官江川太郎左衛門(坦庵)の家臣。嘉永6(1853)年,太郎左衛門の海防策,品川台場と反射炉の築造に際し石井脩三と共に新規に採用され,江戸本所の江川邸につめ蘭書翻訳に従事した。安政1(1854)年7月,幕府の長崎海軍伝習に参加。同2年6月には幕府鉄砲方付,蘭書翻訳勤方に任命された。蘭書翻訳の業績は,太郎左衛門死後に江川家から郷雲翻訳書の献上願いがなされ,書目が判明。サハルト著『警備術原』,同『窮理実験陸用砲術全書』,サロモン著『撒羅満氏産論』,他に『青銅及び鋳鉄を溶解する反射炉を録す』がある。以上の経歴業績から同4年,勝海舟が蕃書調所開設に備えた教職員候補手控えに,在府中の洋学者として記されたとみえる。江戸本所江川邸で死去。子の良吉は植物学者。<参考文献>鳥羽山瀚『江川坦庵全集』,原平三「蕃所調所の創設」(『幕末洋学史の研究』)

(岩崎鐵志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

矢田部郷雲の関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリーマクネアレイイーストレーキ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android