コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢部正子 やべ まさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部正子 やべ-まさこ

1745-1773 江戸時代中期の歌人。
延享2年生まれ。京都で小沢蘆庵(ろあん)にまなび,伴蒿蹊(こうけい)と親交をむすぶ。江戸で熊本藩主細川氏の子女に和歌,書などをおしえ,のち京都にもどって尼となった。安永2年9月18日死去。29歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。初名は久子。法名は恵静。家集に「矢部正子和歌小集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢部正子の関連キーワードモーツァルトクルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争スウィフト(Jonathan Swift)ハプスブルク家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android