矢部正子(読み)やべ まさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部正子 やべ-まさこ

1745-1773 江戸時代中期の歌人。
延享2年生まれ。京都で小沢蘆庵(ろあん)にまなび,伴蒿蹊(こうけい)と親交をむすぶ。江戸で熊本藩主細川氏の子女に和歌,書などをおしえ,のち京都にもどって尼となった。安永2年9月18日死去。29歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。初名は久子。法名は恵静。家集に「矢部正子和歌小集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android