コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野毅卿 やの きけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野毅卿 やの-きけい

1773-1816 江戸時代後期の武士。
安永2年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)藩士三浦梅園にまなび,藩主の侍臣となる。のち鳥銃隊長,藩校学習館の教授を兼任した。文化13年4月17日死去。44歳。名は弘。号は蕉園。著作に「条理余譚」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢野毅卿の関連キーワードモーツァルトゲーテバイロンラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白手島堵庵(てじまとあん)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android