コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知行目録 ちぎょうもくろく

百科事典マイペディアの解説

知行目録【ちぎょうもくろく】

知行地と高(石高,貫高)の明細を記したもの。知行書立ともいう。知行高の記載が国郡の範囲にとどめられている知行宛行状を補う意味で別紙形式で発給された。知行宛行状は将軍または大名の発給する直状(じきじょう)形式をとり,知行目録は老中,勘定奉行,代官らの奉書の形で発給された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちぎょうもくろく【知行目録】

知行宛行状(あてがいじよう)に付属する文書で,知行地とその高(石高,貫高)の明細を書き記したもの。〈知行書立〉ともいう。知行宛行状では知行高の記載が国郡の範囲にとどめられているので,〈目録在別紙〉として知行目録でその詳細を示した。知行宛行状が将軍ないし大名自身の発給する直状(じきじよう)の形式をとったのに対し,知行目録は老中,勘定奉行,代官らの実務に携わる責任者の奉書の形で発給されるのが通例であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の知行目録の言及

【坪付】より

…それが,その年の年貢額などの決定材料となったのである。やがて大名領国制の発達に伴い坪付の用法も変化し,戦国時代には,大名が家臣に与えた知行地の所在を書き上げた目録(知行目録)をも意味するようになった。【黒田 日出男】。…

※「知行目録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

知行目録の関連キーワード毛利輝元濃姫坪付

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知行目録の関連情報