コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直状 ジキジョウ

3件 の用語解説(直状の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じき‐じょう〔ヂキジヤウ〕【直状】

古文書の形式の一。本人が直接書いた書状。直書(じきしょ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直状
じきじょう

中・近世の武家文書の一形式。上位者の意志を家司(けいし)・家臣などが奉じて下位者に下達(げだつ)する奉書に対するもので、上位者が自ら署判し発給した文書をいう。一般には書下(かきくだし)、将軍の場合にはとくに御内書(ごないしょ)といい、南北朝期以降、武家の間でこの形式の文書が急激に増加した。戦国期以降になると、この直状形式の文書はさらに普及し、守護・領主・大名のものは直書(じきしょ)・判物(はんもつ)などとよばれた。直状には家臣の副状(そえじょう)がいっしょに発給される場合も多く、このような形式は近世まで継承された。なお、上位者が署判のみでなく、全文を自筆で書いたものを直書ということがある。[大久保俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の直状の言及

【古文書】より

…しかし幕府役職に就いた譜代大名文書に含まれている例もある。将軍の直状(じきじよう)には判物(はんもつ),朱印状黒印状があるが,領知判物,朱印状は室町幕府の御判御教書の系譜を引くもので,禅宗官寺住職任命の公帖も同様である。徳川家康の場合は戦国大名や織田信長,豊臣秀吉の折紙,印判状多用の影響を受けているが,寛文期(1661‐73)には判物,朱印状,黒印状という序列と書札礼(しよさつれい)が確立した。…

【直書】より

…発給者自身が直接差し出す文書の総称。直状(じきじよう),直札(じきさつ)ともいう。奉行などの家臣が主人の仰せを奉じて出す奉書あるいは副状(そえじよう)などの間接的な文書と対比される。…

※「直状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直状の関連情報