コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直状 ジキジョウ

3件 の用語解説(直状の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じき‐じょう〔ヂキジヤウ〕【直状】

古文書の形式の一。本人が直接書いた書状。直書(じきしょ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じきじょう【直状】

古文書の一様式。本人が署判して名宛人に直接自分の意思を伝達する書状。直書じきしよ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直状
じきじょう

中・近世の武家文書の一形式。上位者の意志を家司(けいし)・家臣などが奉じて下位者に下達(げだつ)する奉書に対するもので、上位者が自ら署判し発給した文書をいう。一般には書下(かきくだし)、将軍の場合にはとくに御内書(ごないしょ)といい、南北朝期以降、武家の間でこの形式の文書が急激に増加した。戦国期以降になると、この直状形式の文書はさらに普及し、守護・領主・大名のものは直書(じきしょ)・判物(はんもつ)などとよばれた。直状には家臣の副状(そえじょう)がいっしょに発給される場合も多く、このような形式は近世まで継承された。なお、上位者が署判のみでなく、全文を自筆で書いたものを直書ということがある。[大久保俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直状の言及

【古文書】より

…しかし幕府役職に就いた譜代大名文書に含まれている例もある。将軍の直状(じきじよう)には判物(はんもつ),朱印状黒印状があるが,領知判物,朱印状は室町幕府の御判御教書の系譜を引くもので,禅宗官寺住職任命の公帖も同様である。徳川家康の場合は戦国大名や織田信長,豊臣秀吉の折紙,印判状多用の影響を受けているが,寛文期(1661‐73)には判物,朱印状,黒印状という序列と書札礼(しよさつれい)が確立した。…

【直書】より

…発給者自身が直接差し出す文書の総称。直状(じきじよう),直札(じきさつ)ともいう。奉行などの家臣が主人の仰せを奉じて出す奉書あるいは副状(そえじよう)などの間接的な文書と対比される。…

※「直状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直状の関連キーワードキシロールサイロキシン直播直書自救行為磁気誘導誓紙伝奇小説エクソトキシン磁気変光星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直状の関連情報