コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知行宛行状 ちぎょうあてがいじょう

2件 の用語解説(知行宛行状の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

知行宛行状【ちぎょうあてがいじょう】

中世・近世を通じ,所領・所職などの知行を充行(あておこな)う時,主君から家臣に対し与えられた文書。知行充行状とも記し,〈あておこないじょう〉ともいう。文書形式はおもに鎌倉時代には将軍袖判下文もしくは幕府政所下文室町時代には将軍御判御教書(ごはんのみぎょうしょ),戦国時代には判物・印判状で発給された。
→関連項目知行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちぎょうあてがいじょう【知行宛行状】

主君から家臣に与えた,知行の割当てを示しその知行の権利を保証した文書。その内容は,鎌倉時代の職の補任から江戸時代の石高所領の給付に至るまで種々であるが,知行宛行は武家社会での主従関係のかなめをなすものであるから,各時代にわたって知行宛行状には恒久的効力を保証する,最も重みのある文書形式が用いられた。 鎌倉時代では将軍の袖判下文(くだしぶみ)ないし幕府政所下文が,室町時代では将軍の発する御判御教書(みぎようしよ)(袖判御教書)が,戦国時代には大名の判物(はんもつ)ないし印判状が用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

知行宛行状の関連キーワード地方知行知行扶持蔵米知行君寵権門駕籠代知知行割り割当て割当日(わりあてび)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone