知行宛行状(読み)ちぎょうあてがいじょう

百科事典マイペディアの解説

知行宛行状【ちぎょうあてがいじょう】

中世・近世を通じ,所領・所職などの知行を充行(あておこな)う時,主君から家臣に対し与えられた文書。知行充行状とも記し,〈あておこないじょう〉ともいう。文書形式はおもに鎌倉時代には将軍袖判下文もしくは幕府政所下文,室町時代には将軍御判御教書(ごはんのみぎょうしょ),戦国時代には判物・印判状で発給された。江戸時代には将軍から旗本へ,また大名からその家臣に対し出されたものを知行宛行状と称し,将軍から旗本へは江戸時代初期に朱印状で,大名からその家臣へは判物ないし黒印状の形式で発給された。
→関連項目知行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちぎょうあてがいじょう【知行宛行状】

主君から家臣に与えた,知行の割当てを示しその知行の権利を保証した文書。その内容は,鎌倉時代の職の補任から江戸時代の石高所領の給付に至るまで種々であるが,知行宛行は武家社会での主従関係のかなめをなすものであるから,各時代にわたって知行宛行状には恒久的効力を保証する,最も重みのある文書形式が用いられた。 鎌倉時代では将軍の袖判下文(くだしぶみ)ないし幕府政所下文が,室町時代では将軍の発する御判御教書(みぎようしよ)(袖判御教書)が,戦国時代には大名の判物(はんもつ)ないし印判状が用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android