コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短兵 タンペイ

デジタル大辞泉の解説

たん‐ぺい【短兵】

短い武器。弓矢や長槍・長剣などに対して、刀剣や手槍(てやり)の類。
「―ヲモッテ攻メル」〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんぺい【短兵】

相手に接近して使う、短い武器。(弓・長槍に対して)刀剣・手槍などを指す。 ↔ 長兵 「楚の-と戦つて干戈に貫かれて/太平記 20

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の短兵の言及

【武器】より

…その他では斧も使われた。短兵つまり短い武器としては刀と剣が使われ,これは全長が長くなった。そのため首を携帯する必要性が増し,適当な距離があれば,刀や剣で闘い,至近距離では首で攻撃した。…

※「短兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

短兵の関連キーワード短兵急軍配干戈長兵

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android