コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法曹至要抄 ほっそうしようしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法曹至要抄
ほっそうしようしょう

平安時代末期~鎌倉時代初期の法制書。坂上明基源実朝の求めにより著わしたとされている。3巻。律令の用語を注解し,独自の見解を述べている。すでに散逸した法制書や検非違使庁の庁例などを多数引用している点でも貴重。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっそうしようしょう【法曹至要抄】

院政期から鎌倉初期の法律書。著者としては坂上明兼説とその孫坂上明基説の2説があるが,明兼のとき原型ができ,明基のときまでに微細な修補が加えられたものと思われる。上・中・下の3巻で,罪科条(公罪)62項,禁制条(服色・過差等禁制)14項,売買・負債・出挙借物質物・預物各条(売買貸借法)23項,荒地条(土地所有権法)3項,雑事条17項,処分条(相続法)17項,喪服・服仮各条28項,雑穢条(触穢法)13項,総計177項から成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法曹至要抄
ほっそうしようしょう

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公家(くげ)の法書。その原型は、明法家(みょうぼうか)坂上(さかがみ)氏の家学形成の産物として平安末期には成立し、その後加筆がなされたとされている。上巻(罪科)、中巻(禁制・売買・負債・出挙(すいこ)・借物(しゃくもつ)・質物・預物(あずかりもの)・荒地・雑事)、下巻(処分・喪服・服仮・雑穢(ぞうえ))を内容とする全三巻。各条項ごとに、律令格式(りつりょうきゃくしき)およびその注釈書を引用して、その後、編者の案文(あんぶん)(意見)を記している。案文のなかには、社会の現実に即した新たな法理の創出もみられ、刑事法の分野では、御成敗式目(ごせいばいしきもく)の条文構成への影響も指摘されている。『群書類従』所収。[古澤直人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法曹至要抄の言及

【公家法】より

… このような前提のもとに,公家法の成立にとって重要な画期となったのは院政期であった。すでに11世紀を通じて,社会経済的な面における中世的体制が確立しつつあったが,このような社会的現実に対応し,中世的社会体制に照応した法体系となったのが,12世紀に成った法書《法曹(ほつそう)至要抄》であった。同書は全177条から成り,その法規は刑事,民事(所有権・相続・婚姻・奴婢・売買貸借等),諸種の禁制等にわたるが,これらの法規は,当時の裁判の中で規範的機能を有した。…

【裁判至要抄】より

…全33条。《法曹(ほつそう)至要抄》のうち,土地所有権,相続,売買貸借法等,民事的規定に修正を加え,新たな法意をうち出したもの。各条項の構成は,前文で律令格式等の法源を挙示し,本文(案文)で法意・判断を示す2部構成となっている。…

※「法曹至要抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法曹至要抄の関連キーワード裁判至要抄御成敗式目熊谷直好公家法案文義絶

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android