コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井南橋 いしい なんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井南橋 いしい-なんきょう

1831-1887 明治時代の漢詩人。
天保(てんぽう)2年8月2日生まれ。広瀬淡窓にまなぶ。明治5年上京し,成島柳北(なるしま-りゅうほく)の「花月新誌」に狂詩を発表。雑誌,新聞の記者をつとめ,狂詩の個人雑誌「東京竹枝」で世相を描写した。明治20年7月25日死去。57歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。名は隆驤(りゅうじょう)。字(あざな)は子竜。通称は滝治。別号に南橋散史,吟坐居士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石井南橋の関連キーワード緒方惟準ヨハネス4世レーニン東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門ゴローブニンジョードン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android