コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井南橋 いしい なんきょう

1件 の用語解説(石井南橋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井南橋 いしい-なんきょう

1831-1887 明治時代の漢詩人。
天保(てんぽう)2年8月2日生まれ。広瀬淡窓にまなぶ。明治5年上京し,成島柳北(なるしま-りゅうほく)の「花月新誌」に狂詩を発表。雑誌,新聞の記者をつとめ,狂詩の個人雑誌「東京竹枝」で世相を描写した。明治20年7月25日死去。57歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。名は隆驤(りゅうじょう)。字(あざな)は子竜。通称は滝治。別号に南橋散史,吟坐居士。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井南橋の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌ゴローニンメイランペドロ荒木寛畝高島屋(株)カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone