コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花月新誌 かげつしんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花月新誌
かげつしんし

文芸雑誌。 1877年1月~84年 10月。通巻 155号。月3回刊。朝野新聞社内花月社発行。成島柳北が編集を担当し,その文人趣味を反映した誌風で,柳北自身の詩文をはじめ,菊池三渓森春濤信夫恕軒高畠藍泉らの漢詩文,和歌が多く掲載された。柳北の病没とともに廃刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かげつしんし〔クワゲツシンシ〕【花月新誌】

文芸雑誌。明治10年(1877)1月、朝野(ちょうや)新聞社社長の成島柳北により創刊。成島自身が編集を担当し、朝野新聞社内花月社が発行。漢詩文、和歌を多く掲載。明治17年(1884)、通巻155号をもって終刊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花月新誌の関連キーワード上 真行石井南橋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android