コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井夏海 いしい なつみ

1件 の用語解説(石井夏海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井夏海 いしい-なつみ

1783-1848 江戸時代後期の絵図師。
天明3年生まれ。佐渡(新潟県)相川の人。絵画を谷文晁(ぶんちょう)と紀南嶺に,測量や油絵を司馬江漢にまなぶ。佐渡奉行所地方付(じかたつき)絵図師として,天保(てんぽう)8年子の文海とともに伊能忠敬作成の佐渡図を改訂。滝沢馬琴,式亭三馬らと親交があり,狂歌もよんだ。嘉永(かえい)元年6月13日死去。66歳。通称は静蔵。別号に安瀾堂。戯作(げさく)に「小万畠双生種蒔(こまんはたけふたごのたねまき)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井夏海の関連キーワード天明の飢饉三月革命ウィーン蜂起桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone