石井強司(読み)いしい つよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井強司 いしい-つよし

1943- 昭和後期-平成時代の舞台美術家。
昭和18年11月12日生まれ。37年俳優座にはいる。文学座研究所でまなんで文学座員となり,44年アトリエ公演「短剣墓掘り亡霊と」ではじめて舞台装置を担当。60年地人会「早春スケッチブック」で伊藤熹朔賞。こまつ座,つかこうへい事務所などの舞台美術も手がける。平成5年読売演劇大賞。東京出身。都立工芸高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android