コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井源蔵 いしい げんぞう

1件 の用語解説(石井源蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井源蔵 いしい-げんぞう

1668-1721 江戸時代前期-中期の武士。
寛文8年生まれ。石井宇右衛門の3男。父と長兄三之丞(さんのじょう)を殺害した赤堀源五右衛門を探索して辛苦をかさね,元禄(げんろく)14年弟の半蔵とともに伊勢(いせ)(三重県)亀山(かめやま)で仇(かたき)討ちをはたした。父が闇討(やみう)ちされてから28年目のこの事件は,浄瑠璃(じょうるり)「亀山の仇討(あだうち)物」のモデルとなる。享保(きょうほう)6年死去。54歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井源蔵の関連キーワードオニビシ吉原(遊廓)雨森芳洲松岡恕庵豊岡藩享保の改革逸然元政守銭奴文字銭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone