コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井源蔵 いしい げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井源蔵 いしい-げんぞう

1668-1721 江戸時代前期-中期の武士。
寛文8年生まれ。石井宇右衛門の3男。父と長兄三之丞(さんのじょう)を殺害した赤堀源五右衛門を探索して辛苦をかさね,元禄(げんろく)14年弟の半蔵とともに伊勢(いせ)(三重県)亀山(かめやま)で仇(かたき)討ちをはたした。父が闇討(やみう)ちされてから28年目のこの事件は,浄瑠璃(じょうるり)「亀山の仇討(あだうち)物」のモデルとなる。享保(きょうほう)6年死去。54歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井源蔵の関連キーワード石井三之丞

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android