石井磯岳(読み)いしい きがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井磯岳 いしい-きがく

1784-1846 江戸時代後期の商人,社会事業家。
天明4年5月25日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)出流原(いずるはら)村の宮大工の子。戸奈良村の呉服商石井家の娘婿となり,家業を発展させ豪商となる。村民に親孝行と勤倹を説くとともに新田開発につとめ,また嬰児(えいじ)数百人をそだてた。弘化(こうか)3年6月17日死去。63歳。本姓片柳。名は光致(みつむね)。字(あざな)は子徳。通称は吉兵衛,吉之進。著作に「修身談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android