コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井磯岳 いしい きがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井磯岳 いしい-きがく

1784-1846 江戸時代後期の商人,社会事業家。
天明4年5月25日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)出流原(いずるはら)村の宮大工の子。戸奈良村の呉服商石井家の娘婿となり,家業を発展させ豪商となる。村民に親孝行と勤倹を説くとともに新田開発につとめ,また嬰児(えいじ)数百人をそだてた。弘化(こうか)3年6月17日死去。63歳。本姓片柳。名は光致(みつむね)。字(あざな)は子徳。通称は吉兵衛,吉之進。著作に「修身談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石井磯岳の関連キーワード石井吉兵衛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android