コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井蠡 いしい れい

1件 の用語解説(石井蠡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井蠡 いしい-れい

1738-1812 江戸時代中期-後期の儒者。
元文3年6月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。大内熊耳(ゆうじ),安達(あだち)清河にまなぶ。藩主松平武元(たけちか)の右筆(ゆうひつ),侍読となり,のち藩校道学館教授となった。文化9年8月29日死去。75歳。本姓は服部。字(あざな)は子彭(しほう)。通称は条大夫,左司馬。著作に「続三王外記」「東都歳事記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井蠡の関連キーワード松前広長赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱シュレーゲル(兄弟)ボロジノの戦い静岡市中心商店街の総通行量

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone