コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井蠡 いしい れい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井蠡 いしい-れい

1738-1812 江戸時代中期-後期の儒者。
元文3年6月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。大内熊耳(ゆうじ),安達(あだち)清河にまなぶ。藩主松平武元(たけちか)の右筆(ゆうひつ),侍読となり,のち藩校道学館教授となった。文化9年8月29日死去。75歳。本姓は服部。字(あざな)は子彭(しほう)。通称は条大夫,左司馬。著作に「続三王外記」「東都歳事記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石井蠡の関連キーワード石井子彭儒者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android