コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井貞興 いしい さだおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井貞興 いしい-さだおき

1840-1877 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)11年3月生まれ。久米邦武の義弟。肥前佐賀藩士。戊辰(ぼしん)戦争に出征,維新後,徳久恒敏(つねとし)とともに鹿児島藩校造士館にはいり,桐野利秋と親交をもつ。佐賀県の大属(だいさかん)となったが,佐賀の乱にくわわって敗れ,桐野のもとに潜伏。西南戦争で西郷軍に投じ,捕らえられて明治10年10月26日斬首(ざんしゅ)された。38歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井貞興の関連キーワード明治時代官吏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android