コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井鶴山 いしい かくざん

1件 の用語解説(石井鶴山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井鶴山 いしい-かくざん

1744-1790 江戸時代中期の儒者。
延享元年生まれ。肥前佐賀藩の重臣多久(たく)氏の家臣。大潮元皓(だいちょう-げんこう),高葛坡(こう-かつは)にまなぶ。藩主鍋島治茂(なべしま-はるしげ)の侍読をつとめ,藩校弘道館の設立に活躍,古賀精里のもとで助教となる。寛政2年4月9日死去。47歳。名は有。字(あざな)は仲車。通称は有助。著作に「鶴山詩集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石井鶴山の関連キーワード入江正雄植村棋園川村華陽滕元鳳土肥鹿鳴丹羽雲気林鳳池二山遊翁山本順天横山儋人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone