コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井 光次郎 イシイ ミツジロウ

2件 の用語解説(石井 光次郎の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

石井 光次郎
イシイ ミツジロウ

昭和期の政治家 元・衆院議長。



生年
明治22(1889)年8月18日

没年
昭和56(1981)年9月20日

出生地
福岡県久留米市

学歴〔年〕
東京高商(現・一橋大学)専攻科〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和40年〕

経歴
警視庁台湾総督府などを経て朝日新聞社に入ったが、昭和20年専務で退社して政界に転じ、21年日本自由党に入党し4月の衆院選で福岡1区から当選、以後衆院選で10回当選。吉田内閣の商工相と運輸相、岸内閣の副総理、池田内閣の通産相、佐藤内閣の法相を歴任し、42〜44年衆院議長を務めた。自由党内では30年の民主党との“保守合同”を幹事長としてまとめ、合同後は自民党総務会長。31年緒方竹虎の死後、緒方派を継いだが、同年と35年の2度の総裁選に敗れ、47年暮れの総選挙を前に政界を退いた。37〜50年日本体育協会会長、51年から横綱審議会委員長。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

石井 光次郎
イシイ ミツジロウ


肩書
元・衆院議長

生年月日
明治22年8月18日

出生地
福岡県久留米市

学歴
東京高商(現・一橋大学)専攻科〔大正3年〕卒

経歴
警視庁、台湾総督府などを経て朝日新聞社に入ったが、昭和20年専務で退社して政界に転じ、21年日本自由党に入党し4月の衆院選で福岡1区から当選、以後衆院選で10回当選。吉田内閣の商工相と運輸相、岸内閣の副総理、池田内閣の通産相、佐藤内閣の法相を歴任し、42〜44年衆院議長を務めた。自由党内では30年の民主党との“保守合同”を幹事長としてまとめ、合同後は自民党総務会長。31年緒方竹虎の死後、緒方派を継いだが、同年と35年の2度の総裁選に敗れ、47年暮れの総選挙を前に政界を退いた。37〜50年日本体育協会会長、51年から横綱審議会委員長。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和40年〕

趣味
柔道(2段) 相撲 ゴルフ

没年月日
昭和56年9月20日

家族
長女=朝吹 京(ストーンウェル社長) 二女=石井 好子(声楽家) 長男=石井 公一郎(ブリヂストンサイクル会長) 二男=石井 大二郎(昭和海運社長)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井 光次郎の関連情報