コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井 光次郎 イシイ ミツジロウ

20世紀日本人名事典の解説

石井 光次郎
イシイ ミツジロウ

昭和期の政治家 元・衆院議長。



生年
明治22(1889)年8月18日

没年
昭和56(1981)年9月20日

出生地
福岡県久留米市

学歴〔年〕
東京高商(現・一橋大学)専攻科〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和40年〕

経歴
警視庁、台湾総督府などを経て朝日新聞社に入ったが、昭和20年専務で退社して政界に転じ、21年日本自由党に入党し4月の衆院選で福岡1区から当選、以後衆院選で10回当選。吉田内閣の商工相と運輸相、岸内閣の副総理、池田内閣の通産相、佐藤内閣の法相を歴任し、42〜44年衆院議長を務めた。自由党内では30年の民主党との“保守合同”を幹事長としてまとめ、合同後は自民党総務会長。31年緒方竹虎の死後、緒方派を継いだが、同年と35年の2度の総裁選に敗れ、47年暮れの総選挙を前に政界を退いた。37〜50年日本体育協会会長、51年から横綱審議会委員長。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

石井 光次郎
イシイ ミツジロウ


肩書
元・衆院議長

生年月日
明治22年8月18日

出生地
福岡県久留米市

学歴
東京高商(現・一橋大学)専攻科〔大正3年〕卒

経歴
警視庁、台湾総督府などを経て朝日新聞社に入ったが、昭和20年専務で退社して政界に転じ、21年日本自由党に入党し4月の衆院選で福岡1区から当選、以後衆院選で10回当選。吉田内閣の商工相と運輸相、岸内閣の副総理、池田内閣の通産相、佐藤内閣の法相を歴任し、42〜44年衆院議長を務めた。自由党内では30年の民主党との“保守合同”を幹事長としてまとめ、合同後は自民党総務会長。31年緒方竹虎の死後、緒方派を継いだが、同年と35年の2度の総裁選に敗れ、47年暮れの総選挙を前に政界を退いた。37〜50年日本体育協会会長、51年から横綱審議会委員長。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和40年〕

趣味
柔道(2段) 相撲 ゴルフ

没年月日
昭和56年9月20日

家族
長女=朝吹 京(ストーンウェル社長) 二女=石井 好子(声楽家) 長男=石井 公一郎(ブリヂストンサイクル会長) 二男=石井 大二郎(昭和海運社長)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

石井 光次郎 (いしい みつじろう)

生年月日:1889年8月18日
昭和時代の政治家。衆議院議員;衆議院議長
1981年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

石井 光次郎の関連キーワード日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約東京朝日新聞石橋湛山内閣生年月日石井好子党人派下村宏

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石井 光次郎の関連情報